無料ブログはココログ

おうちケア

2017年9月21日 (木)

おうちケア始めてみませんか?

まだ9月だというのに、近所の内科はお子さん連れの患者さんたちでいっぱいです。私が住む愛知県では、すでにインフルエンザによる学級閉鎖がありました。早いですよね~。それ以外にもRSウィルスや溶連菌感染症も流行しているようで、小さいお子さんがいらっしゃるおうちでは気が気じゃないですね。

体調を崩していた娘はすっかり元気になりました。3点セットが功を奏したようです。良かった良かったちょっとした不調を感じたとき、症状が重くなる前にこうしてお手当てができるといいですね。

すっかり元気になった娘ですが、喉や鼻の違和感が少し残っていたようで、「学校行く前に吸入してく~」と言って、やっていましたよ。

吸入とは蒸気吸入法といって、アロマやハーブの使い方のひとつ。

お湯と精油、あとはボウルやマグカップなどの容器があればOK。精油の代わりにハーブを使うのもいいですよ。

ボウルにお湯を入れ、その中に精油を1~2滴加えて、香りを含んだ湯気をゆっくりと吸いこみます。精油の代わりにハーブを使うときはハーブティーを入れる要領で。これだけなんです。カンタンでしょ

でも、気を付けてほしいこともあります。

咳がひどいときにはしないこと
沸騰したてのお湯は湯気がたくさん出てむせてしまいます。適温のお湯で行うこと
熱湯を使うので火傷に注意です。お子さんから目を離さないこと
粘膜を刺激しないように目を閉じて行うこと

おススメの精油はユーカリです。小さいお子さんはできればユーカリ・ラディアータで。たくさんあるユーカリの仲間のうち、香りがマイルドで刺激が少ない種類になります。

一般的にユーカリというと、ユーカリ・グロブルス。とってもスッキリした香りなんですけど、お子さんはちょっとつんと感じてしまうかも。ユーカリ・ラディアータはほとんどのアロマ専門店で取り扱っていますので、ぜひお店で香りを試してみてくださいね。

アロマやハーブを上手に使いながら、家族の健康管理に役立ててみませんか?

アロマのこと、からだのこと、健康的なライフスタイルなどなど…おうちケアに役立つアイデアをふんだんに盛り込んだ「ニールズヤード式アロマセラピーレッスン」でお伝えしています。
詳しくはこちら ★★


お母さんのためのアロマとハーブ」1dayレッスンはまもなくご紹介させていただきます。
もう少しお待ちくださいね



雑貨好きな私。ボウルはスタジオMのもの。匂い移りがないので愛用しています

2017年9月20日 (水)

3点セット

娘が体調を崩しました。熱を出したり、不調を訴えることが少ない娘ですが、疲れがたまっていたようでした。昨日は文化祭の振替休日でゆっくりと休ませましたので大事には至りませんでした季節の変わり目ですし、朝夕と日中の気温差もありますから、気をつけなくてはいけませんね。

そして、小・中・高問わず2学期は学校行事が多いですから、子どもたちも普段より忙しくて、疲れがたまりやすくなります。ただ、テンションも高くなるので、不調が見えづらかったり、訴えなかったり…。最近は、インフルエンザの流行が早いことにも注意しておかないといけませんね。地元愛知県ではすでに学級閉鎖になった学校も出てきましたし。

ところで、我が家には薬があまりありません。常備している薬…といえば、頭痛薬(主にオット用)と整腸剤くらい。あとは受診したときに出される処方薬(主にオット)だけ。

だから、娘が修学旅行に行くとき「常備薬を持ってくるように」ということで薬を学校に届け出るのだけど、ないから困る…「常備薬はありません」と書いたら「何か持ってくるように」と指示があって…整腸剤だけ買いました。あとはエキナセアのティンクチャーを。変なうちだなぁ~って思われたかもです

エキナセアは免疫力をUPするハーブ。ティーもサプリ(カプセル)もありますが、子どもも大人も飲みやすいのはティンクチャー。一般的にティンクチャーはウォッカなどのアルコールでエキスを抽出するのですが、それだと子どもが飲みにくい。アルコールを分解する余計な負担もありますし。そこで利用しているのがグリセリンで作られたもの。グリセリンは少し甘味があって飲みやすいですし、液状のものは使い勝手もよくて便利なんですよ~。



これは我が家の3点セット。

左から
パナセアパルマ社のブレンドエッセンシャルオイル「イムネオール」
エレクティックインスティテュート社のエキナセアのティンクチャー
症状に応じてその時々でブレンドするハーブティー
(エルダーフラワー、ブルーマロウ、ジャーマンカモミール、ローズヒップ、レモンバーベナ、ローズペタル)

少し風邪気味かなっていうときにはこの3点セットが登場します。

イムネオールを家じゅうで炊き、ティンクチャーをハーブティーに入れて水分補給して。こんな感じでおうちケアをしていきます。どれも簡単なことばかりです

子どもが風邪を引くと、小児科や耳鼻咽喉科に連れていかないといけなくて、そしたら、待ち時間が長くってイライラするし、余計なものももらってきたりして。そんでもって、子どもが治ったと思ったらママにもうつっちゃって…てな負のスパイラルに私も何回経験したことか…

アロマやハーブでおうちケアするってことをするようになってからは、負のスパイラルに陥ることがすっかりなくなりましたこれはママたちに知っておいてほしいって思います。

今年はやりますよ。「お母さんのためのアロマとハーブ」まずは風邪が流行る前に、アロマとハーブを使ったおうちケアをお伝えしなくちゃって思っています

準備、頑張ります