無料ブログはココログ

« 誕生日 | トップページ | お客さまのご感想 »

2017年9月27日 (水)

花がもつ癒しのチカラ~フラワーエッセンス

フラワーエッセンスは花がもつ癒しのチカラを利用した自然療法です。

花がもつ癒しのチカラ…と書くと「なんだろう」って感じですよね私も最初は??でした。
でも、私たちはふだんの暮らしの中でいつも感じているし、利用しているんですよ。

例えば…
誰かにお花をプレゼントするとき。

「ありがとう」「おめでとう」「お元気で」「さようなら」などなど、私たちはお花に気持ちを託して贈ります。

花束に使う花もどんなものでもいいというわけではなくて、贈る相手の好きな花や好きな色、元気になってほしいときには気持ちが明るくなるような黄色いお花、慰めたいときにはそっと寄り添うような青や紫の花、お悔やみのときには白い花…というように相手を想って選ぶことが多いのではないでしょうか?

他にも…
道端にそっと咲く小さな花を見つけて、ふと笑顔になったり、
大きな木に出合ったとき、幹に触れたりハグしたり…

フラワーエッセンスを知らなくても、私たちは花がもつ癒しのチカラを昔から利用していて、花に慰められたり、元気をもらったりしています。

そして、色々な性格の人がいるように、植物も色々な性格をもっているんですよ。



これはアグリモニー、和名でセイヨウキンミズヒキといいます。こう見えてもバラ科のハーブで、ヨーロッパでは肝臓をサポートするハーブとして知られています。日本ではフラワーエッセンスの方が有名ですね。

アグリモニーは黄色い花を咲かせていて、明るくで元気な印象ですが、こころの中はいつも心配事や不安でいっぱいなんです。

仲間と一緒にいるときは明るく振る舞って、困っている人の相談に乗ったり、励ましたりしていますが、自分の中にある心配事や不安と向き合うことができなくて苦しんでいます。
だから、アグリモニーは他の植物たちと一緒にいるときのほうが生き生きとしています。



実際、アグリモニーは鉢植えで育てていたときにはほとんど成長しませんでしたが、こうして庭で育ててみたら、ほんの3か月で花を咲かせるようになりました。

本当に不思議です。

こんな風に植物と触れ合うこともフラワーエッセンスの魅力ですね。

フラワーエッセンスを知ることは自分自身を知ることだと思っています。

私はフラワーエッセンスを勉強して、自分らしさに気づき、何かが起こって自分らしさを失ったときにも元に戻る方法を知りました。なので、ちょっとくらいブレても大丈夫だって思えるようになりました。アロマもハーブもいいですけど、フラワーエッセンスもいいんですよ~。

ニールズヤードのフラワーエッセンスレッスンはとてもポジティブで自由

ニールズヤード式フラワーエッセンスレッスンで今のあなたに必要なエッセンスを見つけてみませんか?

詳しくはこちら ★★

なりたい自分になる

自分らしく輝いて生きる

…そんなお手伝いをさせていただきます

« 誕生日 | トップページ | お客さまのご感想 »

Healing Herbs」カテゴリの記事