無料ブログはココログ

« 春なのに… | トップページ | 不安がる子どもにも… »

2014年3月 9日 (日)

小さなハーブの庭づくり~2014年春の庭始め~

「小さなハーブの庭づくり」というのは、昨年10月にニールズヤードのパートナーシップワークショップでお話させていただいたレクチャーのタイトル。今年から庭づくりについて詳しく綴っていこうと思っていますが、このタイトルが気に入っている(自画自賛 笑)のでブログもこのタイトルにしました。

来週もまだ寒いとのことですが、これ以上作業を遅らせると後が大変になります。寒くても大丈夫そうなところから始めることに。

Before
南側のスペース。昨年はこんな感じ↓でした。

Photo_13

いろんなハーブを植えていましたが、結局残ったのはアンズ、モッコウバラ、レモンバーム、セイジの仲間とホリホックとエリゲロンだけでした。ここは、まともに日が入るのが5月くらいから秋分までの間で、残りの期間は日かげになります。もともとの土も粘土質ですから、ハーブには過酷な環境です。今年は全部植え替えをして、植栽を一新します。

まず準備から。下草に植えてあるというか生えてきたというか、そんな植物はとりあえずそのまま苗トレーで一時保管。苗トレーは園芸屋さんで苗を入れている平たいバスケットですが、下草の保管場所として活用できるのですよ。苗トレーがないときは、段ボールを切って、ビニールを敷いてところどころ穴を開けておけば同じように使えます。

Photo_11
こんな風に新聞紙を敷いてこの上に土ごと下草をのせます。土と一緒なので、しぶと~い下草は10日くらい平気で持ちこたえます。ユキノシタ、レモンバームとエリゲロンはこの中で出番待ちです。

アンズは鉢に戻し、モッコウバラとセイジは場所を変えました。新しく植えたのは、クリスマスローズ ニゲラとユーカリ ポポラス。ユーカリはそのまま地植えすると巨大化しますから、不織布の鉢ごと植えました。あとは、以前この場所に植えてあったセイヨウニンジンボク(チェストツリー)とベルガモット。

After
ここで時間切れ。残りはまた後日。空いた場所にはバラやしぶとそうなハーブを植える予定です。耕してフワフワになった土はネコのトイレにされちゃうので、空いた鉢やトレーを並べてネコ予防します。

久しぶりの力仕事で筋肉痛になりました。でも、やっぱり庭は楽しい~!

« 春なのに… | トップページ | 不安がる子どもにも… »

庭のこと」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さなハーブの庭づくり~2014年春の庭始め~:

« 春なのに… | トップページ | 不安がる子どもにも… »