無料ブログはココログ

« 忘れないこと | トップページ | 植物男子ベランダー »

2014年3月12日 (水)

ミントの底ヂカラ

ようやく暖かくなるようですね~。今日はこれから庭しごとの続きをやります。

季節が動くと、真っ先に動き始めるのがミントたち。冬の間は地上部が枯れてしまうものが多いので、芽を出すまでは半信半疑で水遣りをします。

以前、ご近所さんにミントの苗を差し上げたとき、「水遣りを忘れてて枯れちゃいました」って言われたことがあるのですが、ミントはハーブ界のゾンビ(あれっ、気持ち悪い?)ですから、ちょっとやそっとではダメにならないんですよね。あきらめないでしばらく様子を見てもらうように、ちゃんとお伝えすればよかった。

別のお知り合いにミントを差し上げたときは「地植えはしないでくださいね~。大変なことになりますから」ってお伝えしたのですが、次にお会いしたときに「庭に植えてみました」って言われまして、「責任とれないぞ~」って。また、あるときは「庭に植えてみたけど、枯れちゃいました」って言われてホッとしたり。

枯れてしまうのは仕方のないことだけど、「育ててみようかな」と思ってくれた気持ちに申し訳ないので、最近では育て方メモをつけたり、説明をさせてもらったりするようになりました。せっかく育てるのだから、成長する姿を見て喜んでもらえたらいいなと思います。

我が家のミントはベランダ育ちです。ミントは交雑しやすいので、たくさんの品種があります。新しい品種を見つけるとついつい買ってしまうので、数えてみたら12種類のミントを育てていました。中でも大切にしているのが、日本のハッカ。商業的には主に北海道で栽培されています。寒さに強いと思いきや、うちの子たちは意外に弱っちいのです。

それでも、つい先日、赤紫色の芽を出してくれましたよ。
Photo
見えますか?写真の上の方にポチっと2つ芽が出ています。ホクトという品種です。

一方、冬の間も元気だったのがこちら。
Photo_2
手前がオレンジミント、その隣がラベンダーミントです。さすがに葉っぱは寒さで赤くなっていますが、鉢いっぱいに芽が出ています。

4月になったら株分けをして、また元気に育てたいと思います。

« 忘れないこと | トップページ | 植物男子ベランダー »

Herb note」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミントの底ヂカラ:

« 忘れないこと | トップページ | 植物男子ベランダー »