無料ブログはココログ

« 地元のいいもの | トップページ | 贅沢なひととき »

2012年9月14日 (金)

ハーブの気持ち

家族が早く出かけましたので、涼しいうちに庭のお掃除を少し。

夏の間お手入れをしていなかったこともあって、少々荒れています。痛んだところを切り戻したり、枯れた枝を取り除いたり…やることは尽きません(笑)

最近、ハーブのことばかり考えています。ハーバルセラピストの試験を控えているので、覚えなくちゃいけないこともたくさんですが、そうではなくて、ハーブの気持ちについて…なのです。

ハーブとは薬効を持つ植物のこと。人の役に立つ植物です(もちろん、どんな植物も私たちが生きていくのに必要な存在ではあるのですが)。ハーブは人の役に立つことが嬉しくて、元気に大きく育つのかなぁと思うようになりました。

我が家にはタイムが4株ありまして、マイヤーレモンの株元、鉢植えの柚子の株元、ベイやセージと寄せ植えしたもの、そしてもう1つはバラの足元にいます。私がよく使うのは、柚子の鉢植えにいるタイムで、それ以外はあまり使いませんでした。

柚子と一緒にいるタイムは、ものすごく元気で成長も良く、イキイキとしています。でも、マイヤーレモンの株元にいるタイムは枝が絡まっていて、とっても機嫌が悪そうです。ベイと寄せ植えしたタイムはバッタのえさになっていました。バラの足元にいるタイムは枯れてはいませんが、全く成長していません。同じようなことがミントでも起こっています。

こんな様子を見て、ハーブは自分がハーブとしての役割を全うしているかどうか、ちゃんと自覚しているのではないかなと思いました。こんなこと言うのは変なのかもしれませんが(笑)

使うことで、ハーブは喜んで大きくなる…ハーブの本当の気持ちはわかりませんが、もっともっとハーブを大切に育てて、大切に使おうと思います。

Photo
  タイムとセージ、ティンクチャーに変身する予定です

« 地元のいいもの | トップページ | 贅沢なひととき »

庭のこと」カテゴリの記事